建設女子部は建設業界の女性進出を支援するポータルサイト。建設のお仕事の情報を配信中。

私のお仕事道具

建設監督.com TOP > 建設×女子部 TOP > 今月の現場中継 > 『建設業界の独特な言葉』ってナニ?

2020-08-31

『建設業界の独特な言葉』ってナニ?

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

建設現場では独特な言葉が使われることが多くあります。

特に未経験で建設現場で就業する方にとって、最初につまづくポイントといっても過言ではないでしょう。

 

そこで今回は、建設業界の独特な言葉をご紹介します!

皆さんはいくつ分かるでしょうか?

 

 

パテかい

塗装工事において、素地表面を平滑にするために、割れ目や隙間、くぼみにパテを埋めて平らにする作業のことです。

※パテ・・・粘土のように柔らかい補強材のこと

 

鼻隠し

鼻隠しとは、屋根の軒先に取り付ける板材のこと。雨水から家を守ったり、見た目を整える(化粧)ことに役立ちます。

 

建端

「たっぱ」と読みます。ものの高さを表す言葉で既にご存知の方もいらっしゃったかと思いますが、元々は建設業界の言葉です。

 

じゃんか

コンクリート打上がり後の欠陥の1つ。コンクリート表面に粗骨材が集まって固まり、隙間ができてしまう状態を指します。豆板と呼ぶこともあります。

 

ネコ

皆さんも一度は目にしたことがあるであろう、ネコ。土砂や練り上げたばかりのコンクリートなどの資材を運ぶ道具のことです。

 

 

いかがでしたか?

私は「建端(たっぱ)」が建設業界が語源の言葉だと知って驚きました!

 

今回は一部分のご紹介でしたので、皆さんもぜひ調べてみてください。

一覧へ戻る

ページのトップへ

スペシャルコンテンツ
  • 建設女子部女性参画応援ページ
  • 監督リレー
  • 建設あるある 昔と今
  • 業界インタビュー
  • 今月の現場中継