建設女子部は建設業界の女性進出を支援するポータルサイト。建設のお仕事の情報を配信中。

私のお仕事道具

建設監督.com TOP > 建設×女子部 TOP > 今月の現場中継 > 『壁の種類』ってナニ!?

2020-05-29

『壁の種類』ってナニ!?

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

みなさん、こんにちは。

普段何気なくある『壁』ですが、壁にも呼び名や役割があることをご存知ですか?

 

今回は知っているようで知らない『壁』についてご紹介します!

 

 

*『耐力壁 』と『非耐力壁』

建築物の壁には耐力壁と非耐力壁耐力壁の2種類の壁があります。

まず耐力壁とは、地震や風などに抵抗できる壁のことであり、非耐力壁はその逆を指します。

 

 

基本的に建築物は横からの力には非常に弱い作りになっているため、耐力壁を用いて地震などから建築物を守ります。

耐震壁と呼ばれることもありますが、意味は同じです。

 

また、大きい建築物になればなるほど耐力壁が必要になりますが、より太い柱や梁を用いることでその量を少なくすることができます。

 

非耐力壁は住戸などの空間を分割する壁である間仕切り壁やドアや窓周辺の小さな壁に有用です。

『カーテンウォール』と呼ばれる場合もあります。

 

いかがでしたか?

「壁」と言っても、役割によって使用される壁が異なっていることがわかりましたね!

 

一覧へ戻る

ページのトップへ

スペシャルコンテンツ
  • 建設女子部女性参画応援ページ
  • 監督リレー
  • 建設あるある 昔と今
  • 業界インタビュー
  • 今月の現場中継