建設女子部は建設業界の女性進出を支援するポータルサイト。建設のお仕事の情報を配信中。

私のお仕事道具

建設監督.com TOP > 建設×女子部 TOP > 今月の現場中継 > 『設計士・監理者の資格』ってどんなモノ!?〜木造建築士〜

2019-09-30

『設計士・監理者の資格』ってどんなモノ!?〜木造建築士〜

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

みなさん、こんにちは!

今回は木造建築士についてご紹介致します!

 

*木造建築士とは

木造建築士は、都道府県知事の免許を受けて木造の建築物に関し、設計、工事監理等の業務を行う資格です。木造で高さ13m かつ軒高9m 以下、2 階建て以下、延ベ面積300 ㎡以下の建造物に関して業務を行えます。

 

*木造建築士になるには

次のいずれかの条件を満たした上で木造建築士試験に合格し、都道府県知事の免許を受ける必要があります。

・大学・短期大学・高等専門学校において指定科目を修めて卒業し、実務経験を修得科目により02 年以上

・高等学校もしくは中等学校宅1 において指定科目を修めて卒業し、実務経験を修得科目により34 年以上

・建築実務経験7 年以上

・その他国土交通大臣が特に認める者

 

*試験について

実務経験7 年以上で受験資格を得られますが、試験対策のためにはできれば学校で学ぶのがよいでしょう。木造建築士試験には、学科の試験と設計製図の試験があり、学科の試験の合格者のみが設計製図の試験を受験できます。また、学科の試験に合格した場合は、次年度から2 回は学科の試験を免除されます。学科には学科I[建築計画]、学科II[建築法規]、学科III[建築構造]、学科IV[建築施工]の科目があります。設計製図の試験は、あらかじめ公表された設計課題についての設計製図を行います。なお、建築士事務所に所属する木造建築士は、3 年ごとに定期講習を受けて修了しなくてはなりません。

 

いかがでしたか?次回は構造設計一級建築士についてご紹介いたします!

一覧へ戻る

ページのトップへ

スペシャルコンテンツ
  • 建設女子部女性参画応援ページ
  • 監督リレー
  • 建設あるある 昔と今
  • 業界インタビュー
  • 今月の現場中継