建設女子部は建設業界の女性進出を支援するポータルサイト。建設のお仕事の情報を配信中。

私のお仕事道具

建設監督.com TOP > 建設×女子部 TOP > 今月の現場中継 > 『BIMとCIM』ってナニ!?

2019-01-31

『BIMとCIM』ってナニ!?

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

2009年から大手設計事務所や大手ゼネコンが導入を始めている、

「BIM」「CIM」

今回はこちらについてご紹介致します。

 

*BIMとは

コンピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ

管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを

建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行う為のソリューションです。

 

建築プロジェクトの企画の段階ではこれまで図面を基に、関係者間でコミュニケーションが行われてきました。

しかし2次元の図面では実際にどんな建物が建つのか、人によって理解度に違いがあり

「実際に建ってみないとわからない」というケースは少なくありません。

図面をベースにしたコミュニケーションから、3次元モデルを使ったコミュニケーションに置き換えることで

設計者の頭の中にあるイメージを早期から関係者間で共有して

「よりよい建物」にする為に様々な検証が簡単にできるようになります。

 

3次元モデルを使って施工主へのプレゼンテーションを行うことで

これまで以上の説得力を持たせられ、関係者間で具体的な「絵」を用いて打ち合わせを行えば

イメージを共有化して進むので作業の手戻りも少なくなります。

 

いかがでしたか?

3次元モデルを中心に据えて、設計事務所・構造/設備事務所・ゼネコン・施工主間でコミュニケーションを行い

企画・基本設計・実施設計・施行・維持管理業務に活用することで

「業務プロセスの改善・経営の改善・デザインの向上」を実現することができるんですね!

一覧へ戻る

ページのトップへ

スペシャルコンテンツ
  • 建設女子部女性参画応援ページ
  • 監督リレー
  • 建設あるある 昔と今
  • 業界インタビュー
  • 今月の現場中継