建設女子部は建設業界の女性進出を支援するポータルサイト。建設のお仕事の情報を配信中。

私のお仕事道具

建設監督.com TOP > 建設×女子部 TOP > 今月の現場中継 > 『危険予知』ってナニ!?

2015-06-01

『危険予知』ってナニ!?

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

今回お伝えするのは、『危険予知』についてです!

多くの人が関わり、たくさんの機械が使われている建設現場。
たくさんの危険が潜んでいる建築現場ですが、そんな危険から身を守る、他の職業にはない『危険予知』の訓練があることをご存知でしたか?

今回は、どの建設現場でも必ず毎日行われている『危険予知』についてご紹介します!

『危険予知』は「KY」とも略称され、「KY訓練」や「KYK(=危険予知活動)」などと呼ばれます。

『危険予知』で重要視されていることは、

①現状把握・・・どんな危険が、ひそんでいるか
②本質追究 ・・・これが、危険のポイントだ
③対策樹立・・・あなたなら、どうする
④目標設定・・・私たちは、こうする

ということです。

普段の現場風景の画像やイラストをなどを見ながら、上記のことに関してミーティングを行い、朝礼で発表したり注意喚起の看板を掲げたりして、事前に危険を防ぐ活動を行います。

他にも『危険予知』活動は様々な方法で行われていますが、始業前や作業前に指差点検を行って危険性の再確認し、安全性を高める方法もポピュラーとなっています。

いかがだったでしょうか?

〜 危険が起こる前に予測し、事前に防ぐ 〜
この『危険予知』は、このような建築現場だけでなく私たちの普段の生活でも使えそうですね!

次回の「今月の現場中継」もお楽しみに…♪

一覧へ戻る

ページのトップへ

スペシャルコンテンツ
  • 建設女子部女性参画応援ページ
  • 監督リレー
  • 建設あるある 昔と今
  • 業界インタビュー
  • 今月の現場中継