建設女子部は建設業界の女性進出を支援するポータルサイト。建設のお仕事の情報を配信中。

私のお仕事道具

建設監督.com TOP > 建設×女子部 TOP > 今月の現場中継 > 『足場』ってどんなモノ!?

2015-02-02

『足場』ってどんなモノ!?

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

今回お伝えするのは、建設業の作業では必ず必要になる『足場』についてです。

建物を建てる時はもちろん、橋を作ったり山の斜面が崩れなくなる様にする法面作業、さらには音楽フェスなどのステージを支えるなど『足場』はいろいろなところで活躍しています。

実は、用途や作業内容によって『足場』にもいろいろな種類があるんです!

*単管足場*
歩く場所がパイプ2本のみで作られている『足場』。注意をしていないと、パイプとパイプの間に足を滑らしたりすることもしばしば‥。安全面では良いとは言えませんが、幅は取らないため、狭い場所での作業に適しています。

*クサビ(ビケ)足場*
ハンマーを使ってしっかりと組む『足場』。歩く場所に板もあり安定して作業ができ、しっかりと組むため揺れも少ないです。ただ、ハンマーで組み立てるとき「カンカン」とかなりの音が出てしまいます‥。

*ローリングタワー*
組み立てた『足場』の下にローラーがついていて、稼働式の『足場』。組み立てた後も、人の手で簡単に動かす事ができます!天井や壁などの仕上げに動かしながら使用します。

いかがだったでしょうか?

建物を建てるときに組み立てられ完成した時には解体される、いわば”縁の下の力持ち”である『足場』。そう考えてみると、なんだか感慨深いですね!

(※今回ご紹介した種類は、ほんの一部です。)

一覧へ戻る

ページのトップへ

スペシャルコンテンツ
  • 建設女子部女性参画応援ページ
  • 監督リレー
  • 建設あるある 昔と今
  • 業界インタビュー
  • 今月の現場中継