建設女子部は建設業界の女性進出を支援するポータルサイト。建設のお仕事の情報を配信中。

チームプロジェクト

建設監督.com TOP > 建設×女子部 TOP > チームプロジェクト > バチッ!嫌な静電気に出会わないための対策5選

バチッ!嫌な静電気に出会わないための対策5選

2020-11-15

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

バチッと音が鳴って、痛みを感じる。
寒くなってくると静電気を感じることが多いかと思います。

静電気は身近な存在といえども、できるだけ出会いたくないもの。
そこで今回は、静電気対策についてご紹介します。


◆そもそも静電気とは?
人やものはプラスとマイナスの電気を持っています。普段はプラスとマイナスの電気をバランス良く持っているのですが、服の摩擦等でバランスが崩れてしまうことがあります。これが「静電気」です。

特に寒い時期に静電気が起こりやすいのは、空気が乾燥しているためです。夏場は空気中に水分があるため、放電してバランスを取っているのですが、冬場は乾燥しているため放電ができず電気をためてしまうのです。


◆おすすめの静電気対策5選

 

・金属の部分に触れる前に静電気を逃がす
金属のドアノブやボタンに触れる前に、電気を通しにくい地面やドアの面、壁を手のひらでベタッと触れましょう。そうすることで、静電気がゆっくりと逃げていきます。

 

・洗濯時に柔軟剤を使用する
柔軟剤には衣類の表面をなめらかにして、摩擦を起こしにくくする効果があるので、電気をためにくい効果があります。

 

・革製品を身につける
革製の手袋であれば、ドアを開ける際に静電気を感じることはないでしょう。革製の財布やキーホルダーも同様です。

 

・肌の潤いを保つ
乾燥した肌の人は静電気をためやすい傾向にあります。そのため、しっとりと潤った肌を保つように部屋に加湿器を置いたり、ハンドクリームやボディクリームを塗るようにしましょう。また、体の中から潤すといった面で水を飲むことも静電気対策になります。

 

・静電気防止スプレー
ドラッグストアなどに置いてある静電気防止スプレーです。靴に吹きかけるだけなので、簡単に静電気対策ができます。静電気スプレーは安価で効果もあるのでおすすめです。


いかがでしたか?
痛い静電気は不快なので出会いたくないですよね。

快適な冬を過ごせるよう、ぜひ上記の静電気対策を試してみてください!

一覧へ戻る

ページのトップへ

スペシャルコンテンツ
  • 建設女子部女性参画応援ページ
  • 監督リレー
  • 建設あるある 昔と今
  • 業界インタビュー
  • 今月の現場中継