建設女子部は建設業界の女性進出を支援するポータルサイト。建設のお仕事の情報を配信中。

チームプロジェクト

建設監督.com TOP > 建設×女子部 TOP > チームプロジェクト > 寒い季節に必須。案外知らない、5種類のニット生地の特徴!

寒い季節に必須。案外知らない、5種類のニット生地の特徴!

2017-11-09

※クリックすると拡大画像がご覧いただけます。

こんにちは!

 

11月に入り、だんだんと寒くなってきましたね。

ニットを着ている方も多くなってきています。

 

そこで今回は、

ニットに使われている生地の特徴をご紹介いたします!

 

■まさに繊維の宝石! カシミヤ

・細い毛で、軽くてとても柔らかい。少しぬめりのある感触。

・保温性・保湿性に優れている。

・水じみになりやすく、毛玉ができやすい。

 

■生地としてのバランス◎ ウール     

・空気の含有量が高く、熱伝導率が低いため、夏は涼しく冬は暖かい。

・水をはじき、静電気が起こりにくい。

・抗菌・消臭効果がある。

・虫に食われる、縮む可能性がある。

 

■高級ブランドにも使われます♪ アンゴラ

・繊維が細く、保温性に優れている。厚着で汗をかいても、発散してくれる。

・とても軽い繊維で、滑りやすいので毛が抜けやすい。

・水を含むとフェルトのように固まる可能性がある。

 

■ウールに似ていてあったかい! アクリル

・保温性・耐久性に優れる。

・合成繊維なので、虫に食われることがない。

・毛玉ができやすく、静電気が起きやすい。

 

■圧倒的丈夫さ! ポリエステル

・耐久性が高く、シワになりにくい。

・吸湿性が低く、すぐに乾く。

・毛玉ができやすく、静電気が起きやすい。

 

 

価格面では、

【高い カシミヤ>アンゴラ>ウール>アクリル>ポリエステル 安い】

といった順番になります。

 

 

ニットと言っても、生地が異なれば保温性・耐久性も異なります。

自分の仕事にあったニット選びの参考になれば幸いです♪

一覧へ戻る

ページのトップへ

スペシャルコンテンツ
  • 建設女子部女性参画応援ページ
  • 監督リレー
  • 建設あるある 昔と今
  • 業界インタビュー
  • 今月の現場中継