建設女子部は建設業界の女性進出を支援するポータルサイト。建設のお仕事の情報を配信中。

ピックアップパーソン 鈴木さん

建設監督.com TOP > 建設×女子部 TOP > インタビュー

何故『建設業』で働こうと思ったのか。
前職はサービス業にて従事していましたが、サポートすることやコツコツやる仕事が、自分には合っていると思い、現在の事務業務に従事しています。
建設業界の業務は全く経験がなく、知識などもなかったですが、異業種の業界でチャレンジしたいと思い、建設業界に飛び込みました。
1日の勤務スケジュールについて。
8:30より勤務開始。PCを使用して、見積書の作成、社員さんの勤務入力、その他依頼された書類作成、営業さんの手伝い、電話応対、来客応対など。17:30帰社

現在の仕事内容は、太陽光パネル工事に伴う、基礎工事の見積書の作成です(図面を見て数量などの拾い出しをして見積を作成)。その他、上記の業務に従事。
建設業の魅力について。
一人で業務を行うことはなく、数名で協力し合ってプロジェクトを行っていきます。それに対して、チームワークが必要になり、サポートできていると実感できることが魅力です。
今現在の仕事のやりがいや喜びについて。
自分のペースで仕事が進められることが多いですが、緊急の依頼が来ると、時間に追われることがあります。他の部署の方にも応援していただき、提出期日までに間に合った時の達成感や充実感がやりがいと感じます。
仕事環境について。
チームとして業務に携わっており、様々な年代の方と仕事を進めています。ミスをすれば、怒られることはありますが、チーム内でフォローしてくれていますので、わからないことも納得いくまで教えていただける環境ですので、非常にありがたく感じています。
又、業務外ではフランクに接していただいており、楽しくやらせていただいています。
建設業界にて女性が働くことや、今後業界に女性が増えることをどう思うか。
単純に嬉しいですね。やはり男性が多い業種になってきますので、女性が増えることにより、雰囲気が明るくなったり、今以上に楽しくできたりするのではないかと感じます。
同じ業界で働く方に対してメッセージをお願いします。
 建設業は男性が多く、女性の活躍できる場所は少ないイメージを抱いていました。最初は不安もありましたが、実際は皆さん優しく接してくださるので、働きやすい環境です。今後はもっと女性の活躍できる、女性目線での仕事ができたらと思っていますし、そうなれば嬉しいですね。

ページのトップへ

スペシャルコンテンツ
  • 建設女子部女性参画応援ページ
  • 監督リレー
  • 建設あるある 昔と今
  • 業界インタビュー
  • 今月の現場中継